ぽこちゃんと過ごした16日間

初めての妊娠が子宮外妊娠でした。その時の記録。

子宮外妊娠 術後1日目

何となく夢を見た。胎児が出てきた。赤ちゃんの形にもなっていない、2頭身、3頭身くらいの胎児。それを彼にラインしたら、「ぽこちゃんお別れを言いにきたんだね」って。きっとそうだね。私は夢で家族を見ることってとても少ない。大好きなばあちゃんも、亡くなってから3回くらいしか見ていない。ぽこちゃんは翌日に会いに来てくれた。なんていい子なんだろう。ぽこちゃん、あなたに会いたかったよ…。一緒に生きていきたかった…。

 

夜中、ずっとお世話してくれた看護師さん。優しく声をかけてくれてありがとう。とても安心しました。そんな感謝の気持ちでいっぱいの朝でした。

そして朝食。流動食でした。重湯に海苔の佃煮をかけて。牛乳も今までの人生で一番量が多く感じたし、おいしかった。食欲がある。よし。

朝、知り合いの看護師さんが身体を拭きに来てくれた。陰部洗浄され、バルンチューブを抜かれ(動くつもりだったから抜いてほしいとお願いした)、パンツにナプキンをセットしてくれ履かせてくれた。本当に申し訳なかった。恥ずかしかった。でも相手は仕事、きっと何とも思っていない。そう思って乗り切った。

痛みはあるが動かないといけない。そう思って電動ベッドを駆使し端坐位になった。電動じゃなきゃ起き上がれなかったな。看護師さんに付き添ってもらい、トイレ歩行し排尿もできた。うん、私頑張った。そして元の産婦人科病棟へと歩行で移動した。

産婦人科の先生が来てくれた。「もう歩いてきたの?!昨日手術してよかったよ」って声をかけてくれた。そっか、昨日手術してよかった状況なんだ。まあ、Hcgも4700まで上がっていたからそうなんだろうな。

この日はほぼ寝て過ごした。トイレに行くのは割と大仕事。傷よりも中が痛いんだな、と思うようになった。座ったり力を入れると、恥骨のあたりが刺されるように痛い。先生に聞いても、そういうもの、と。我慢して動くしかないんだな。

排ガスは日中何度かあったし、転床後排便もあったから安心していたけど、夜になるとぱったりとガスが出なくなった。どんどんお腹が痛くなってきて。ガスがたまってると傷やら中やら圧迫してすごくつらい。夜勤の看護師さんにも相談し、漢方薬を早めに飲むようにした。明日の朝からだけど。トイレに行くのも大変。痛みと吐き気で本当につらい。術後イレウスでNGTが入るところまで想像した。