ぽこちゃんと過ごした16日間

初めての妊娠が子宮外妊娠でした。その時の記録。

子宮外妊娠?

5月10日。

産婦人科受診の日。今日は受診前に採血あり。私は血管が見えにくいから、いつも同じところで採ってもらっている。そろそろ紫になってきているから、もうちょっとで限界かもしれない。

エコー前ぽこちゃんに、かくれんぼしてないで出ておいでー!そうしないとぽこちゃんとさよならになっちゃうよ…と心の中で声をかけながら臨みましたが、やっぱり胎嚢は見えず…。今日はもっとベテランの先生も出てきて、ぐりぐりとエコーで見回していた。それでも見えなかった。

内診後診察室へ。

Hcg3100.胎嚢が見えない。正常な妊娠ではない。右卵巣に少しあやしいところがあり子宮外妊娠の疑いが強い。11日にエコーみて、午後入院して内膜掻爬術をしましょう。

とのことだった。

ぽこちゃん。正常な妊娠じゃなかった。ぽこちゃんどこにいるの。

右側のほうが痛くない?って聞かれてから、右側が痛い!ってなったけど、帰宅してからは左も痛くなり。でも我慢できないような痛みでは全然なくて。自分では子宮外妊娠なんて全然信じることができなかった。子宮にいるけど、育たなくて、組織が残ってHcgが上がっているんだと思った。いろいろ説明されるけど、どこか他人事のようで信じられないまま流されていった気がする。

明日の午後入院して処置をするかもしれない、でも彼は仕事で付き添えない。こんな時くらいそばにいてよ…とわがままを言ってしまった。でも無理だった。うん、仕方ない。でも悲しい。

 

5月11日。

朝、とてもいい天気。こんないい天気の日に、自分はぽこちゃんとお別れをしないといけないかもしれない。なんでこんなことになるんだろう、と朝から沈んでいた。

産婦人科受診。今日は産婦人科の一番上の先生も見てくれた。けど、やっぱり胎嚢は見えず。この先生の見立てでは、きっと妊娠はしたけど初期に流産してしまった。胎盤のもとになるものが残ってしまっているんでしょう。なので、明日子宮内膜掻爬をして、絨毛を確認します。その場で絨毛か確認して、大丈夫ならそのまま退院できます、右の卵巣は大丈夫そう、とのことだった。

この先生の話を聞いて、あぁ、子宮外じゃなかった。胞状奇胎でもなく、妊娠できることを教えてくれたぽこちゃん。うっかり忘れんぼうの私たちに似て、忘れ物を取りに行ったんだな、って思うことにした。また、帰ってきてね。ぽこちゃん。

産婦人科受診

前回受診からとっても長かった。拭けばつくくらいの出血はあったけど、生理みたいな出血もなかった。我慢できないほどの腹痛もなかったから、今日胎嚢確認できるんだろうな、なんて思っていた。でもつわり症状が全くなく、眠くもなくむしろ寝つきが悪いくらいでそれは心配だった。

先生に呼ばれて内診台へ上がる。「うーん…」

「今日袋が確認できれば順調だったんですが。今日もHcg見せてください」

今日も胎嚢確認できず。採血に向かい、一旦職場に戻る。

1時間後。「普通ならこの時期5000を振り切っているくらいなんです。育っていない可能性が高いです。この妊娠初期は受精卵の異常で育たないことはよくあります。また10日にエコーとHcg診て育ってなければ来週流産の手術をしましょう」

できるだけ平静に聞いていた。そっか、育ってないのか。ぽこちゃんごめんね。いい卵子じゃなかったかもね。お母さん年取ってるし、ごめんね。育ててあげられなくてごめんね、産んであげれらなくてごめんね、とぽこちゃんと彼と両方にとても申し訳なかった。

彼へも報告。もうネガティブ全開で。ぽこちゃんいなかったら別れる?とか。でも彼はいつも通り受け止めてくれた。別れません、マイナスのことは考えなくていいから、と返事をくれた。

ほぼ定時に職場を出たけど、家に帰ると何にもする気力が起きなくて、ボーっと彼の帰宅を待っていた気がする。

予約票のFHB確認、って見るたびに切なくなります。

ゴールデンウィーク

5月1日2日は仕事だったが、無理はしないで過ごした。3日も仕事だったが、休日体制だったし交代してもらった。4~5日も夜勤だったが、ここも代わってもらった。

彼は実家に帰省していたため、一人っきり(ぽこちゃんもいるから2人か)のゴールデンウイーク。暇すぎる。途中で止まってる逆転裁判6を再開したり。ためてたビデオを見たり。彼もなんだかんだ電話してくれたりした。いつもなら毎日なんて電話してくれないのに。会えない時はさみしいから電話してって言っても3~4回に1回なのに。心配してくれてるんだな、って思った。

5月6日に、出血と腹痛がなかったのでデパートまで行ったけどそれ以外は引きこもりのゴールデンウイークでした。

逆に言うと、ずっと拭くと着くくらいの薄ピンクや薄い赤茶色のおりものが続いていた。お腹もチクチクしていた。伸びるとお腹がパカって割れそうに痛かったことが2回あって、ドキドキしたなぁ。

出血と腹痛 2017/04/30

朝起きてトイレに行く。その後ティッシュでふくと鮮血に近い色のものがついた。パンツに着くほどではなく。腹痛は何日か前からあり、子宮が大きくなるためのものだと思ってあまり気にしていなかった。下腹部左右とも痛かったし、ずっとではないし。でも出血は怖かった。妊娠初期にはあると言われても。腹痛と出血という言葉から、すぐに「流産」という言葉が浮かんできた。昨日の夜エッチしたから、その刺激で出血したと思い込みたかった。

病院に行ったほうがいいんだろうか?でも今日は日曜日。私は妊娠発覚後、まだどこにもかかっていない。どうしたらいいんだろう?

4人の子を持つ友人に相談した。心配なら受診したほうがいい、との返事だった。

とりあえず、病院の救急外来を受診することにした。

 

彼は午後から仕事に行く予定だったが、受診に付き添ってくれた。

問診票を書き、受診を待つ。最終月経開始日や、初めての妊娠か、などなど。先生にも生理不順のこと、妊娠検査薬で陽性が出たが、今朝から腹痛が強くなり出血があったこと。先生は「腹痛と出血どっちが心配ですか?」と聞いてきたので、出血です、と答えた。「生理くらいの出血はないんですよね?」と言われたので、ティッシュにつくくらいですと答えた。

内診台へ上がる。これは何度やっても慣れない。足に力が入る。先生がエコーで診てくれる。「暗い色ですねー、今は止まってますよ」と出血について教えてくれた。よかった、と思った。「赤ちゃんの袋はまだ見えませんね、妊娠に気付いたのが早いと見えないこともあります」「念のためHcgも調べようと思いますがいいですか?それまで念のため点滴をして待っていてください」と言われ、点滴室で横になり点滴開始。右前腕内側に点滴された。ここは止血が甘く内出血になってしまったが、2週間後の最近やっと消えた。

1時間後、Hcgの値は390ほどだった。先生は4週くらいと考えているようで、胎嚢が見えないこと、Hcgの値からは問題はないと判断され、点滴も途中で終了でよく帰ることになった。次回の外来は、5月8日になった。駅で彼と別れ彼は仕事へ。私は帰宅した。不安だから彼にはそばにいてほしかったが、仕事だと思うとそれはお願いできなかった。そばにいようか?とも言ってくれたが、仕事の邪魔はしちゃいけないと思った。でも、とてもとてもさみしかった。ぽこちゃん、大丈夫だよ、と自分とぽこちゃんを励ました。

人生で一番幸せな日 2017/04/29

f:id:pokochanpokopoko:20170520091519j:plain4月30日は彼と付き合って1300日。記念日が好きな私。29日は近所の公園が入園無料なので彼と一緒に行こうと約束していた。

当日は急な雷雨もあったけど、公園に着く頃には気温も上がり晴れてきてお散歩日和だった。祝日の午後ということもあり、公園には人がいっぱい。バーベキューをするグループ。家族連れもたくさん。子どもたちがいろんなもので遊んでいる。この公園にもネモフィラが咲いていた。本当に青くて、青い空と一緒できれいだった。ひたち海浜公園にまで行かなくても、こんな近くにあったんだ。また見に来たいなと思った。

普段の私は、未婚子なし、彼の事情へのコンプレックス全開で、こういう家族連ればかりのところは何となく居たたまれなくなってくる。でも。今はお腹にぽこちゃんがいる。大好きな彼とのぽこちゃん。来年は私もぽこちゃんを抱っこしてここに来よう。その先大きくなっても3人でここに来ようね、と彼と話した。彼も私のお腹を触ったり、喜んでくれているのがよくわかった。

本当に幸せな一日だった。

 

ぽこちゃんがおなかにいるってわかった日 2017/04/28

この日は金曜日。仕事の後に職場の人たちと近所の温泉に行った。彼が家に来る予定だったが、いつも遅いのでみんなと一緒に普通に帰宅。1時を過ぎていた。

先に彼が帰宅していた。なんと私前日使用したクリアブルーの箱と説明書を片付け忘れていた。彼にも何かの間違いかもしれないと言いながら、今度はチェックワンを買ってきたのでそれをもってトイレに行く。やっぱり薄く赤紫の線が出てきた。彼にも、更年期や尿糖でも陽性になる、と力強く説明。でも彼は「そんなことはないよ」「できてうれしいよ」と言ってくれた。やっと、私でも妊娠していいんだ、妊娠できたんだと思えてきて、とても幸せな気持ちになった。

この子の名前はなんにしようかという話をした。私は最近おなかが大変ぽこぽこし調子が悪かった。なので、「ぽこちゃん」にした。彼も考えてくれたが、「ぽこちゃん以上のものが思いつかない」と、ぽこちゃんになった。

ぽこちゃんはいつ産まれるのかな?いつから産休?男の子?女の子?どんな子になるの?パパとママどっちに似るの?なんて楽しいことしか考えていなかった。私は基本的にネガティブで、悪い方向にばかり考える。でもこの時ばかりは楽しいことや幸せなことを考えられた。妊娠ってすごいな、と思った。

妊娠したかも? 2017/04/27

最後の生理は3月10日だった。その前は2月9日。もちろん出血は2週間。生理が来ないまま4月11日を過ぎても全然焦らない。ちゃんと30日前後の周期で生理が来たことなんて覚えてないから。

基礎体温は2016年の12月からつけ始めた。2相にならずガタガタ。でも、4月9日ごろから36.7℃にいき始めた。その後37℃台になることも。でも私は高温期とは考えられず、温活のため飲み始めたサプリのせい?生理不順のために飲んでいる自分で買った漢方薬のせい?春で暖かくなって羽毛布団じゃ暑くなってきたかな?と考えていた。

前回生理からもうすぐ2か月か。産婦人科でピルもらわないといけないかな。やだな。なんて考えていたが、彼は「できてるかもしれないよ」なんてのんきに言っていた。私は自分の体のポンコツっぷりを知っていたから、まさかそんなことはない、と思っていた。でも試しにやってみてもいいかもな、と思い生まれて初めて妊娠検査薬を買った。何がいいのかもわからず、OMRONなら知っている、とクリアブルーを買った。

彼とは同棲しているわけではないので、27日は一人で検査した。おしっこ足りるかな、うまくかかるかな、とか考えながら。

初めての妊娠検査薬は薄いけど青い陽性の線が出た。それでも何かの間違いかなと思った。私が妊娠なんてするわけがない。検索しまくった。更年期や、尿糖が出ていても陽性が出ると知った。「あぁ、もう更年期か」「太ってるからとうとう糖尿病になったか」と理由をつけて、妊娠していることを疑いまくった。

2~3日前から下腹部がチクチク痛いような気もしていた。もうすぐ生理になるんだろうなとも思っていた。もちろんつわりのような症状は何もない。

明日、彼が家に来たらまた検査しよう、と思った。